「トマト物語り Q&A-6」

Q6<農業への想いは?>
A:☆「農業は 天を父とし 地を母とする 正しい民族の苗床です。」
   これは、松田喜一氏の著書「農業を好きで楽しむ人間になる極意」の一文です。
 【 松田喜一 / まつだきいち / 1887~1968 】 ~熊本の偉人達~ より
   ひたすらに土に生き、人を指導しつつ゜けた「昭和の農聖」と呼ばれた方です。
   汗を流すこと、苦労することが人を育てるという考えのもと、肥後農友会・農事実習所
   “松田農場”の生徒たちの先頭に立って働き、「土作れ、人間作れ、作物作れ」「自分
   が変われば、世界が変わる。」・・・と、農魂を説かれました。

   私の父、mm-ideも松田農場で青年期を過ごし、その魂を受け継いでいる一人です。
   「人並みならば人並み、人並み外れにゃ外れぬ」
   皆おんなじことやってても・・・進展なし。常にチャレンジあれ!
   その心は、今の世にも立派に通ずる教えです。
   松田イズムは永遠です。

  ☆農業は一代や二代ではなく、永代まで持続させなければならない、神人合一の有機
   的な産業・生業です。命の糧を育みながら、命をつないでいくための最良の手段です。
   その理想農場をつくるには、日々丹精しながら、楽しんでいくことが何よりです。

  ☆日本農業存続のためには・・・
   農業者・農家・一戸一戸・一人一人が、一子相伝を貫くことと、何かしら農業に関わり
   携わった方々や一度離職された方達が、第二の人生として・・・
   田や畑・・山・・川・・海 を耕すことです。
   ここで、松田喜一氏の言葉を借りるならば “ これで万事救われる ”


2002年4月4日 ・ 長男就農式
左から mm-ide68才 tt-ide17才 kk-ide43才
c0126766_1511446.jpg

5年前の画像・・・それぞれ若いです。
就農の記念に、スコップ&鍬セット(kk-ide手彫りネーム入り・リボン付き)を手渡しました。
゜大事にしろよー゜

< kk-ide 3つの夢 ゜3本の鍬゜ >
近い将来の夢・・・息子・父・私の3人で鍬を並べて作業をすること。
           作業とまでは行ってませんが、鍬が並んだので・・・夢1つ叶いました。
遠い将来の夢・・・孫・息子・私の3人で鍬を並べて作業をすること。
夢の・・また夢・・・ひ孫・孫・息子が ゜3本の鍬゜ を並べてくれること。

そして、゜遥かな夢゜・・・
人として生まれたからには、
1男1女の孫を抱き、
1男1女のひ孫の誕生を見届けられたら、
わが人生に悔いなし!
   
・・・Q&A-7へ・・・
[PR]
by kk-ide | 2007-08-30 15:06 | T.K.EVOLUTION FARM
<< 「トマト物語り Q&A-7」 「五千六百鉢」 >>